旅いさら

旅いさらは地球の歩き方トラベルライターによる海外最新情報サイトです。


エキゾチックな薫り漂う、世界遺産の町モスタル

小坂井 真美

Υȥ꡼ϤƤʥ֥åޡɲ

モスタル旧市街

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの南に位置する世界遺産の小さな町「モスタル」。町にはモスクが建ち並び、ヨーロッパとは思えないようなオリエンタルな雰囲気が漂います。

エキゾチックな雰囲気が漂う街並み

歴史的、地理的背景より、モスタルには古くからイスラム教徒とカトリック教徒が共存してきました。町にはカトリック教会の他にも、イスラム教のモスクも建っています。

小さい町なので心が赴くままに散策を楽しんで

エキゾチックで美しい景色が広がるモスタル旧市街。どこか中東的な雰囲気に包まれた町を歩いていると、ヨーロッパにいることを忘れそうになります。

スターリ・モスト橋

町のシンボルはネレトヴァ川に架かる石橋「スターリ・モスト橋」。現地の言葉で「古い橋」を意味するこの橋は、町がオスマン・トルコ帝国に支配されていた16世紀に建設されたもの。

橋の西側にはカトリック教徒の住民が、東側にはイスラム系の住民が生活をしており、長い間橋を行き来し平和に共存をしてきました。しかし、1991年に旧ユーゴスラビア内戦が勃発。

「93年を忘れるな」と刻まれた、橋の近くに安置された石

民族が入り混じるモスタルも泥沼の戦いに巻き込まれ、多くの住人が命を落し、両民族の平和を見守り続けてきたスターリ・モスト橋も爆破されてしまいました。

お土産屋さんが軒を連ねるストリート

そんな悲しい過去を持つスターリ・モスト橋ですが、戦後、両民族の努力により2004年に再建され、町ももとの平和で美しい姿を取り戻しました。

平和を取り戻したモスタル

一方で、町はずれには、今でも破壊されたまま放置された建物や、銃弾の跡が残る民家などがたくさん残されています。

美しい街並みを楽しめるだけではなく、私たちにとって大切な何かを教えてくれるモスタル。きっと心に深く残る旅となるはずです。

【モスタルへの行き方】
隣国クロアチアのドブロブニクのバスターミナルからバスで3~4時間。またはドブロブニクからの日帰りツアーの利用が便利です。

リリース日:2016/05/10
最終更新日:2016/05/10

このブログをシェアしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ライター情報

クロアチア/ザグレブ特派員

小坂井 真美

その他の記事はこちら

学生時代にクロアチアに魅せられ、4年間で10回以上の渡航・短期滞在を繰り返す。2012年秋にザグレブに移住、現地より様々な情報を発信中。
クロアチア旅行に参考になる情報からザグレブでの生活模様まで、「アドリア海の真珠」
と呼ばれる美しいこの国を少しでも身近に感じていただけるようなお話をお伝えしてゆければと思います。個人ブログでもザグレブより色々発信中。
facebook